二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエス

トップ > VSからのお知らせ > 敏腕ハンターしてる千葉南高校の同級生が送ってくれたジビエ料理
二子玉川 フレンチ ワイン ヴィエスのメイン画像

VSからのお知らせ

今まで食べた&使ったことがある猪肉の中で一番素晴らしい品質に驚きです

素晴らしい志賀の猪料理etc……。

猪シチュー
猪肉ゴロゴロシチュー仕立て

二子玉川ジビエ 骨付き猪ロースト
持ち寄りワイン会では、骨付きもも肉を豪快にロースト。その肉質の美味さに参加者の皆さん悶絶。この日は、あら切りわさびソースでお楽しみいただきました

猪のハンター風コーラ煮込み
敏腕ハンターの志賀に教えてもらったハンター風にコーラ煮 これ煮込むのにペットボトル1.5リットル使用 弱火でコトコト長時間ブレゼ(蒸し煮)してホロホロに仕上げました

猪もも肉とガルガンゾーのロースト
悶絶絶倫の猪もも肉 こんなうまい猪の肉を食べたことありません。ひよこ豆と一緒にローストしました

▲このページのトップへ戻る

房総鹿の赤ワイン煮 春ヴァージョン

志賀が送ってくれた房総猪をメインに酒呑みの大人の為に春のお子様ランチ

房総猪の骨付きもも肉ダイナミックロースト(約4キロ) 野菜のフリカッセを添えて

房総猪の骨付きももダイナミックロースト 二子玉川フレンチ ヴィエス
タイミングさえ合えば貸切パーティ等のメイン料理にも登場しちゃいます!※写真は2016年3月5日のランチタイムをご家族の長寿のお席のメインとしてご用意した料理です。お客様自身で切り分けて楽しんで頂きました。

▲このページのトップへ戻る

房総猪の骨付きもも 一皿ずつに切り分けて盛り付けたモノと骨際肉やスジ等の部分で作ったカレー

3月5日の席の豪快ローストは、通常なら20人前以上は楽に取れる量を12名様で贅沢に豪快にトリュフ塩やフランス料理屋の賄いカレーで喰らっていただきました。

それでも食べきれない分は、お持ち帰りです(笑)

房総猪ロースト 二子玉川ヴィエス
野菜のフリカッセとl黒トリュフ塩を添えました。

房総猪カレー 二子玉川フレンチヴィエス
ワインたっぷりの猪肉ゴロゴロ フランス料理屋のジビエカレー

▲このページのトップへ戻る

房総猪の背ロースポアレ 白トリュフ塩を添えて

今回送ってもらった猪肉も志賀(店主の高校の同級生)のさばき方が上手いので全く獣臭がなく猪肉の醍醐味を思いっきり楽しんで頂ける料理に仕上げることができたので、フランス料理屋ではありますが、ローストやポアレの場合はソースではなくトリュフ塩で楽しんで頂いてます。特に柔らかな背ロース部分は、白トリュフの塩でご賞味いただきました。

房総猪背ロース トリュフ塩 二子玉川フレンチヴィエス

▲このページのトップへ戻る

房総猪のラグートリュフソース トリュフとジャガイモのミルク煮 フレッシュトリュフの雨あられ

二子玉川ジビエ 房総猪とトリュフ
志賀の送ってくれたイノシシでトリュフ三昧の一皿 この料理が原型となり2015年のクリスマスメニューができました

▲このページのトップへ戻る

ヒドリガモのオーブン焼きロースト お腹に数種の豆のブレゼを詰めて

ジビエいろいろ

こんな臭みのない鹿と猪、初めて使いました。滅多にない素敵な肉質でしたので素材の味を素直に感じて頂きたく、あまり余計な料理方は取らず、シンプルにワインと共に楽しんでいただくことを心掛けました。


ヒドリガモを堪能してくれたお客様にはそのガラでスープを取りトリュフおじやにてお楽しみいただきました

二子玉川ジビエ 房総猪
ヒドリガモ胸肉をキャロットラペと共に

二子玉川ジビエ キジ
胸肉はキジ刺しでモモはポアレにて赤ワイントリュフソース

二子玉川ジビエ キジガラ出汁おじや
キジのガラからは本当に美味しいスープが採れるのでトリュフと大根とムカゴの炊き込みに大量の刻み葱とともにリゾット仕立てで

二子玉川ジビエ 房総猪
イノシシのバラ肉 ポアレ(蒸焼き) 脂身が程よい弾力がありプリプリで旨い

二子玉川 フレンチ ジビエ
房総鹿のモモロースト トリュフ塩とキャロットラペ

二子玉川ヴィエス ジビエ
房総イノシシ背ロース 白トリュフ塩とユズのピクルスで

猪前肩煮込み
骨付き猪前足煮込み

猪前肩煮込み
骨付き前肩煮込み

▲このページのトップへ戻る

房総鹿赤ワイン煮 サトイモ

房総鹿芯玉ロースト